運は収束するから

自己満足です

ORAS~SM総括 ゆっち視点


SM終了という1つの区切りとして簡単にレーティングバトルの記録をまとめた。

ほとんど自分の為のようなものでありますが読んでいただけると嬉しいです。



f:id:yeager0621yuki:20171108121623j:plain






ORAS

S8~S16 1650程度
いろんなマイオナ

レートというものにかじってみたものの全然勝てなくて禿げてた。ガルガブゲンで1300まで行ったのは今となっては自分の中での伝説となっている。


f:id:yeager0621yuki:20171108111726j:plain

1500に復帰するのが目標であった。



S17 1954
ライコウギャラパル
ゲンガッサアロー


f:id:yeager0621yuki:20171108110949j:plain

Twitterを始めた。
当時は1800を超える人は神、上位数%の逸材と思っていたのだが、Twitterのプロフィールには全人類最高2000以上が書いており震えた。

自分も真剣にレートを伸ばしたいと考え、初心者向けの単純なギミック構築を組んだ。


まずレート環境における知識の差が大きすぎると思い、レートは1日5戦と決め、行った試合全てをBVに撮り、相手の選出、技構成、試合の運びをノートにまとめ記録していた。


今となっては動画を見る機会は減ってしまったが、このころはペリカンを始めいろいろな実況者の動画を見るようになり、主にツイキャスで自分の好きな放送主さんの枠に張り付きプレイングや選出を学んでいた。




S18 1988
ライコウギャラパル
ゲンガッサアロー


f:id:yeager0621yuki:20171108110645j:plain

このシーズンはpglに反映されず、幻のS18やS17.5などと呼ばれていた。

前期に初1700、初1800、初1900と順調に自己ベストを更新していったものの2000へは到達できなかった。ゆえにこのS18で2000達成を目指し潜っていた。

最終的に2000チャレまで行くことができたもののそこから崩れてしまいレート2000という壁の大きさを再び実感した。


SM

S1 2020
ギャラルカリオマンムー
ミミジバコバルジ


f:id:yeager0621yuki:20171108110658j:plain

ORASの頃に見始めた自分の好きなキャス主さんの構築をパクって使った。
放送を見て選出や釣り交換をしてもよいタイミングなどを学び実践してみたところ、目標として定めていたレート2000に到達することができた。

踊り出すくらい嬉しかったし外に出てめっちゃ叫んだw



S2 1947
テラキギャラウルガ
ジャロピクミミッキュ


f:id:yeager0621yuki:20171108110722j:plain

ステロという技の強さをS1で学んだので、ステロ+積みエースという考えで構築を組んだ。

レート上位者って一撃技やオニゴーリ、怯み効果のある技と言ったなにかしら運要素も構築に入れているイメージがあったので自分もピクシーを入れてみた。めっちゃ弱かったw

ちなみにアメジストカップという仲間大会で優勝したときはこの構築。



f:id:yeager0621yuki:20171108115201j:plain
f:id:yeager0621yuki:20171108115254j:plain



S3 1957
リザカバベトン
グロスコケコテテフ


f:id:yeager0621yuki:20171108110740j:plain

6世代の頃は所謂メガガルーラのようなトップメタのポケモンを使うのではなく、倒すことに生き甲斐を感じていたガチマイオナキッズだったので、その考えを一新するため流行りのリザグロスを組んだ。

サブロムというものを使い出したのもこの時期から。


正直めちゃめちゃ強かったし2000行けなかったのがほんとに悔しかった。


勝率も今現在ではこの記録がBEST

f:id:yeager0621yuki:20171108114842j:plain



S4 2099
トノラグマンダ
ツルギゲンガーミミッキュ


f:id:yeager0621yuki:20171108111232j:plain

ホウエン御三家のメガストーンが解禁され、じゃあ僕は偽装してやろうと思ったのがきっかけで生まれた構築。


自分でもびっくりするくらい最高記録を更新し、更に上のレベルも目に入るようなシーズンだった。
お互いに切磋琢磨し合える仲間の存在が非常に大きくこの結果に結び付いたとも考えている。


2ロム2000の安心感はすごくて、
最終日2031から潜りだしたあの「体が震えおしっこチビりそうだけどなんか負ける気がしない感覚」が忘れられずまた味わいたいものである。ゾーンに入るという言葉を実感したシーズンだった。欲を言えばあとレート1欲しかった。



S5 1994
ラグマンダツルギ
カグヤゲンガーミミッキュ


f:id:yeager0621yuki:20171108110815j:plain

S4で燃え付き、まあ2000まで行ければいいか~と思っていたシーズン。

1900帯で停滞を初めて経験し、1週間ずっと苦しんでいた。
2000チャレも10回を遥かに超えるほどあったものの全て落とし、最終的に連敗に飲み込まれほんとに辛かった。

目標2100どころか2000にも載らない自分に腹立たしく、改めて2000の遠さを感じた。

モチベない~とか言いながらロムも1つしか動かしてなかったのも敗因の1つだと思っている。



S6 2005
ラグマンダツルギ
ポリ2ゲンガーミミッキュ

f:id:yeager0621yuki:20171110125958j:plain

S5の失敗から学びしっかり2ロムを回した。終盤にゆっちロムが復帰不可能のレベルまで落ちてしまったが、サブロムは最後の最後になんとか2000へ滑り込むことができた。

2000~の対戦を楽しみたいので今後は結構無茶をしてでも速い段階で2000ロムを作ってしまいたい。




SMの6シーズン分でまとめると

S1 2020
S2 1947
S3 1957
S4 2099
S5 1994
S6 2005

平均 2003.666…


USMでは毎シーズン2000以上を目標にやっていきたいが、まあ気楽にしようと思う。











連絡先
@yutchi_pokemon まで