運は収束するから

自己満足です

【単体考察】7世代適応型 起点作成ラグラージ~ラグラージで詰まないか?~

結構ラグラージのことについて質問を受けたのでいっそのこと記事にしました。






f:id:yeager0621yuki:20170714214012j:plain:w150

ラグラージ@フィラ

性格 わんぱく

特性 しめりけ

技構成
地震 あくび ほえる ステルスロック

実数値および努力値
204(228)-134(28)-140(140)-x-124(108)-81(4)


調整意図

H: 4n
A: b4カプ・コケコを地震で最低乱数以外処理可能
H-B: 余り
(特化オニシズクモのZアクアブレイク 最高乱数切って耐え)
H-D: 特化アシレーヌわだつみのシンフォニア 最高乱数切って耐え
S: 端数


vsカプ・コケコ

ラグラージは水地面タイプなので、草技は4倍!草結びを持っているカプ・コケコはニコニコ先発でやって来て草結びを撃ってきます。

  • 草結び(80)

無補正C252カプ・コケコ
70.6~84.3%

s4の構築記事にも書いた通り75%に満たず、木の実を食べないことがあるのが非常に残念です( ´△`)


カバルドンであればコケコは草結びという抜群を突ける技があっても耐えられてしまい、返しの地震で逆に狩られてしまうのは明白なのでこうはいきませんが、ラグラージに対しては一発で処理できると思わせて突破することができます。

基本的にZ技を持っているであろう枠のポケモンをこのような形で初手に処理できるのは今後の試合展開的にも非常に有利に立ち回れます。



また命の珠を持っていた場合


無補正C252カプ・コケコ@命の珠
91.7~109.8% (致死率43.8%)

怪しいラインではありますが、耐えることもあります。

僕は珠コケコの草結びで突破されたことはなかったので木の実圏内まで届かせてくれるほうのコケコ♪と思ってましたが計算してみるとほぼハーフハーフでした。(あっぶね)


ちなみに眼鏡の場合は突破されてしまいますが、一撃で飛ぶ=眼鏡確定なので裏のマンダでがっつり起点にできます。



ちなみに
ウツロイドの場合も

無補正C252ウツロイド
86.3~102.0% (致死率12.5%)

なので地震を撃っていきます。


vsギルガルド

C特化ギルガルド(ブレード)
79.4~94.1%


こちらはしっかり木の実圏内まで行きます。
向こうは吹っ飛ばすつもりで撃っているので驚くでしょう。

またZ持ちのギルガルドはSに割いている場合が多いので、下から地震で倒すことができます。消し飛ばすつもりが飛ばされたのは自分のギルガルドで対面にはHPが半分以上も残ったラグラージ。最高ですね!


上から地震が通ってしまうこともありますが


地震
ラグラージ→H252 ギルガルド(シールド)
53.9~64.7%

半分以上入るので地震地震で処理できます。


vsアシレーヌ


ほとんど見なくなったアシレーヌですが、稀に出てきてわだつみで飛ばされるのが嫌すぎてこの調整に至ったわけです。

C特化アシレーヌ
84.3~100.0% (致死率6.3%)

最高乱数以外しっかり耐えて木の実も食べます。


またZ持ちではないときの最大打点ムーンフォースの場合

41.2~49.0%

とちょうど半分には満たず、2発目で木の実を食べることができます。

アシレーヌの場合面倒なのはここよりもアンコールがあるかどうかのほうが問題となってきますね。


ギルガルドアシレーヌの場合は共にZを吐かせるということもあり、これもまたこの先の試合展開も楽になるでしょう。

要注意の先発に来るぽけ


1. バシャーモヒードラン

5億%怪しいです。オ○ニーZ決められないようにしましょう!


2. ウルガモス

ギガドレインを持ってることが明白です。引きましょう。


3. カプ・テテフ

Zは切ります。仕方ないです。
数の有利を取られますが諦めずに頑張りましょう。挑発や身代わりの小細工があるのもなかなか厄介です。


4. ゲッコウガ

絶望です。草結びまぢむり…
1900↑は草結びを全く撃たれませんでした。マッチング運かもしれませんが採用率が減ったのかも?

そもそも流行りのカバルドンを意識するのであれば他にも刺さるハイドロカノンZのほうがいいですよね!!!是非そうしましょう♪




何故ラグラージなのか

あくびステロ展開はカバルドンでもできます。というよりむしろカバルドンのほうがメジャーです。では何故僕はラグラージを使うのか、そこを追記しようと思いました。(9/27)


カバルドン
108-112-118-68-72-47

ラグラージ
100-110-90-85-90-60


しんちょうHD特化カバルドンとこのラグラージを単純に比べた場合、カバルドンのほうが防御耐久指数も特殊防御耐久指数も上回っています。しかし大きな違いがあります。それは水が等倍という点です。


上位陣ではZハイドロカノンゲッコウガによるカバ対策が存在しますが、ラグはこの攻撃を耐え、あくびステロ展開に持ち込むことが可能です。



そしてもうひとつは大爆発によるあくびループからの脱出です。

これまた上位陣で大爆発ランドロスが流行り気味です。カバの前でステロを撒きつつあくびをもらい、大爆発で大きく削りを入れつつ自主退場するというムーブがあります。

ところがラグは特性がしめりけのため大爆発を不発にすることができます。しめりけと知らずに大爆発を選択し眠っていくランドに度々遭遇し愉快でした。


もちろんいい点ばかりではなく、不意の草技で飛ばされることもあり禿げます(襷ゲンガーのエナジーボールが一番頭かかえました。)

下位層のゲッコウガは技範囲とるのが大好きなのかくさむすび持ちがかなりいて非常に序盤は苦しみます。


おまけ程度にいい点はカバラグ対面で上から吠えることができるくらいですね!




最後に

ラグラージで詰まないか?†

という言葉があるように
実際展開が決まるとアホみたいに強いです。
ステロ撒いてあくび連打とやることも楽です。

タイプも優秀なので
メガライボルトきあいだまのないレボルト、毒のないサンダーなんかにもぐう強く立ち回れます。


みなさんも場を荒らす要員としてラグラージいかがですか?



最後の最後に一言







全てを無にする急所やめちぇね









追記

トリックをしてくるロトム等意識でマゴのみをフィラのみに変更しました。(9/7)





連絡先
@yutchi_pokemon まで